臼杵石仏

古園石仏大日如来像に代表される臼杵石仏(磨崖仏)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われています。
その規模と、数量において、また彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、平成7年6月には磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定されました。古園石仏、山王山石仏、ホキ石仏第一群、ホキ石仏第二群の4群の61体全てが国宝となっています。

山肌の凝灰岩の岩壁に刻まれた磨崖仏『臼杵石仏』は、石仏造営の時期や事情を証する史料は一切残っていませんが、地元に伝わる伝説「真名野長者伝説(炭焼き小五郎伝説)」によれば、長者が亡くなった娘の菩提を弔うために彫らせたといわれ、仏像の様式などから平安時代後期から鎌倉時代の作と推定されています。
千年の風雨に耐え時を経ても、深田の地にひたむきな信仰のあかしを今もなお残しています。

住所
臼杵市大字深田
電話
0972-65-3300
営業時間
6:00~19:00(4~9月)、6:00~18:00(10~3月)
定休日
年中無休
入館料
大人550円、小人270円
※30名以上より団体料金がございます。
ホームページ
https://sekibutsu.com/
地図
備考
国宝

TOP