二王座歴史の道・旧真光寺

二王座は、阿蘇山の火山灰が固まってできた凝灰岩の丘で、あちこちの岩を削り取って道を通しました。
特に、旧真光寺の前は「切り通し」と呼ばれる、臼杵を代表する景観のひとつで、平成5年11月には国の都市景観100選にも選ばれています。辻から入ると上級の武家屋敷が立ち並び、田町側から登っていくと、多くの寺が集まっています。この地域にかつて春日局も住んでいたとか。

二王座付近は、狭い路地のいたるところにどっしりとした量感溢れる門構えの武家屋敷跡、白壁の土蔵や宗派の異なる歴史ある寺院が軒を連ね、城下町特有の面影を残した地域です。

中でも、廃寺を改修し無料休憩所として開放されていてる旧真光寺の2階から眺める二王座の風景は多くの旅人に安らぎを与えています。

この地区は、古く祇園社(現在の八坂神社が鎮座し、その門として仁王門があったことから、現在は二王座を呼ばれるようになったと言われています。
二王座歴史の道は、昔日の名残を今もとどめています。

住所
臼杵市大字二王座
電話
0972-64-7130
営業時間
8:30~17:00
定休日
年中無休
地図
備考
平成5年11月には国の都市景観100選に選ばれています。

TOP