臼杵市歴史資料館『いのりとかたち~臼杵の宗教美術~』【3月1日(水)~5月29日(月)】

20170303180107-000120170303180107-0002

現在、臼杵市歴史資料館にて臼杵の宗教美術をテーマにした企画展を開催中。臼杵市内の寺院は普段なかなか目にすることが難しい絵画や掛け軸といった美術品を数多く所蔵しており、今回の展示では、それぞれの寺院に伝わった寺宝の数々を紹介しています。中でも見星寺所蔵の江戸時代中期の禅画、白隠慧鶴作「慧可断臂図」と仙厓義梵作「龍図」は昨年東京両国博物館で公開されており、地元臼杵では初披露となり展示の目玉の一つとなっています。 

【と  き】平成29年3月1日(水)~5月29日(月) ※火曜日休館
【開館時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
【と こ ろ】臼杵市歴史資料館
【問 合 せ 】0972-62-2882
20170303180115-0001

 

コメントは受け付けていません。

>>イベント情報の記事一覧を見る
↑ページトップへ