うすき雛めぐり【2/7(金)~3/15(日)】

江戸時代後期、天保の改革のころ、質素倹約に努めた藩政により、
臼杵の町人たちは「紙製のお雛様」しか飾ることを許されませんでした。
そんな時代を経た先人たちのおもいは、「うすき雛の会」によって
現代に受け継がれました。
期間中は、シンプルで気品のある雛人形およそ3,000組が展示される他、
雛づくり体験なども実施されます。

『うすき雛めぐり』
【と き】令和2年2月7日(金)~3月15日(日)
【ところ】臼杵市観光交流プラザ、久家の大蔵、旧真光寺、サーラ・デ・うすきほか
【問合せ】臼杵市観光情報協会 ℡.0972-64-7130

※パンフレットについては後日掲載いたします。

カテゴリ一覧

この記事のアーカイブ

↑ページトップへ